鏡餅を自分でつくる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

毎年、クリスマス準備と年末の忙しさに押されて、おざなりになりがちなお正月準備。今年は少しずつ手作りしてみませんか?
ここでは、お正月感を高める「鏡餅」の作り方をご紹介します。

STEP1昔の鏡餅は

昔の鏡は円形で、特別な霊力を持つ祭具として使われていました。
その鏡を模したのが鏡餅です。

STEP2<作り方1:丸いお餅がある場合>

西日本はそもそも「餅=丸いもの」なので、円形のお餅も手に入れやすいと思います。これなら2つ重ねて、てっぺんに柑橘類を乗せればOKですね。

STEP3<作り方2:角餅から鏡餅を作る場合>

東日本は、「餅=角餅」です。スーパーで買える角餅を鏡餅にする方法を考えます。
皿の上に片栗粉を敷き、角餅を3つ置き、レンジでチン。柔らかくなったらまとめて円く成形し、冷まします。
同じ作業を、角餅2つでもう一度行います。
2つ重ねて、てっぺんに柑橘類を乗せて出来上がりです。

まとめ

1月11日には鏡開きをして、お汁粉や揚げ餅にしていただきましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

餅 柑橘類(キンカンなど小さめのもの)

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ