革のバッグのお手入れ法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:709
  • ありがとう数:0

はじめに

革素材はデリケートです。
正しいお手入れ法を知って、お気に入りのバッグを長く使いましょう。

STEP1革にはホコリと水が大敵。

ホコリはたまるとカビの原因になります。
使った後は、乾いたやわらかい布でやさしくホコリをふき取りましょう。
雨などで濡れてしまったら、とにかくすぐに水分をふき取ること。
こすったり、ドライヤーの温風を当てると、縮んだり色落ちしたりします。
乾いた布で軽く叩くように水分を取り、陰干ししましょう。

STEP2

革は少しの水分でもカビがはえやすく、やわらかいものは型崩れを起こしやすい素材です。
使った後は中身を出して、新聞紙を詰めてしまいましょう。
水分を吸収してカビ防止になり、型崩れも防ぎます。
色があせてしまわないように、直射日光はさけましょう。

STEP3

ちゃんとお手入れしても、毎日使うと汚れがつきやすく、型崩れもしやすくなります。
別のバッグと交互に使うなどして、休ませながら使うと長持ちします。
しまう時は新聞紙を詰めましょう。

まとめ

高かった革のバッグをしまっておいたらカビがはえちゃった!なんて話をたまに聞きますが、梅雨時は時々風通しのいい場所で陰干ししましょう。
お気に入りのバッグ、きれいに長く使いたいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ