誤飲事故の応急手当①-たばこを飲み込んだ!-

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1688
  • ありがとう数:0

はじめに

子どもの死亡原因の第1位は「不慮の事故」。
その大部分が、家の中あるいはその周辺で起こっています。

子どもにはつねにヒヤヒヤさせられるものです。
万一の時の対処法を知っておくことによって子どもの命を守ることになります。


もっとも誤飲が多いものがたばこです。
吐き気、嘔吐から始まり大量の場合は意識障害やけいれん、さらには呼吸停止に至ることもありますが
ほとんどの場合吸収される前に吐きだします。
しかし、たばこ1本に含まれるニコチンが子どもにとっては致死量となりますので注意が必要です。

STEP1

まず、大急ぎで口の中に残っているたばこをぬぐいとります。

STEP2口に指を入れ、吐きださせます。

吐かせ方は舌の奥のほうを押し下げるようにするとうまくいきます。

STEP3

タバコの葉や吸い殻を飲んだ場合、水や牛乳などは絶対に飲ませてはいけません!!!

STEP4水に浸っていたたばこを食べたり、その液を飲んだ場合には、

体を保温し、急いで医療機関へ連れて行きます。

まとめ

水を入れた空き缶やペットボトルを灰皿がわりにしていて・・・という場合によく起こっている事故です。
絶対に子どもの手の届くところに置かないようにしましょう!!!
アウトドアなどでみんなが集まった時など、大人ひとりひとりが子どもの安全に十分注意する心構えが必要です。



2010年 日本赤十字社「幼児安全法」講習より

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ