不思議!割れない風船?!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4149
  • ありがとう数:0

はじめに

竹串を刺したり直火で炙ったりすると風船は割れてしまいます。
…しかし割れない風船があるんです。
お試しください。

STEP1竹串をさしても割れない風船~その1~

風船を普通に膨らませます。
セロハンテープを十字にクロスして貼ります。
セロハンテープの上から竹串をさします。
竹串をさしても割れません。

【解説】
ゴム風船は伸び方に方向性があるため、薄い所を刺すと穴が広がる方向に大きな力が働き割れてしまいます。
セロハンテープを貼ると穴が広がる力が抑えられるので割れずに空気がゆっくりと抜けます。

STEP2竹串をさしても割れない風船~その2~

風船を気持ち小さめに膨らませます。
風船の登頂部分(おへそ)にゆっくり竹串をさします。
竹串をさしても割れません。
そのまま、結び目まで貫通させることも可能です。

【解説】
ゴム風船は伸び縮みする伸縮性があります。
へそや結び目などに刺すと、ゴムが縮もうとする力が働くため穴が広がらず、割れません。
空気はゆっくりと抜けます。

STEP3直火で炙っても割れない風船

風船に水を入れて膨らませます。
ろうそくの火などで、直接炙ってください。
焦げ目がついても割れません。

【解説】
ゴムは加熱すると溶けてしまいます。
しかし水を入れるとゴム風船に伝わった熱量は水に奪われてしまいます。
そのため、割れるほどゴム風船の表面は熱くならないため、溶けたり燃えたりしません。
(あまりやりすぎると割れるので注意してください。)

まとめ

人が集まったときなど、余興にオススメです。
道具がほとんどいらないのでお気軽にやってみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

・風船 ・竹串 ・ろうそく・ライター (・セロハンテープ) (・水)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ