iphone&ipadのカレンダーで複数のGoogle Calenderと同期する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:830
  • ありがとう数:0

はじめに

iPhoneやiPadで複数のGoogleアカウントのカレンダーを同期させる方法です。
プライベートやビジネスとGoogleのアカウントを分けて使っている人には便利な方法です。

STEP1CalDAVにも対応

通常、Googleカレンダーとの同期はExchangeを使って同期を行いますが、GoogleカレンダーはCalDAVにも対応しています。

今回はこのCalDAVを使います。

STEP2同期方法1

iPhoneの設定で、メール/連絡/カレンダーを選びます。
次にアカウントを追加を選択しその他を選択します。
カレンダーのCalDAVアカウントを追加を選択します。

STEP3同期方法2

サーバーにwww.google.com ユーザー名に同期するGoogleアカウントのユーザー名@gmail.com パスワードに同期するGoogleアカウントのパスワードを入力します。

説明にはわかりやすい内容を入れます。これがカレンダーの名称になります。

次に詳細設定を選択します。

STEP4アカウントURLの変更

表示された詳細設定のアカウントURLを変更します。
https://www.google.com/calendar/dav/[googleカレンダーのアドレス]@group.calendar.google.com/user

<googleカレンダーのアドレスは以下の方法で確認>
googleカレンダーを表示しマイカレンダーの設定をクリックします。
カレンダータブの自分のアカウントをクリックします。
カレンダー情報タブのカレンダーのアドレスにカレンダーIDが表示されています。

STEP5この処理を同期するアカウント数分繰り返します。

まとめ

CalDAVを使うこと!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ