きゅうりとビタミンCは敵同士!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:517
  • ありがとう数:0

はじめに

サラダや酢の物によく使われる「きゅうり」
ヘルシーで、ダイエットにもオススメの食材!

しかし、きゅうりの調理法や食べ合わせによっては、
ビタミンCの吸収を阻害してしまうんです!

STEP1きゅうりそのものに、ビタミンCは含まれていますが、

含有量は低く、ほとんどが水分!

その上、ビタミンCを阻害する(酸化させる)酵素を含んでいるのです!

サラダで食べると、他の野菜のビタミンCまで阻害してしまい、
栄養が半減することもあります。

STEP2では、きゅうりはどのように調理すれば良いのでしょう!

そう!
酢の物や加熱調理すると良いのです!

酢や加熱調理は、きゅうりに含まれるビタミンC酸化物の働きを抑えるからです。

このポイントを知っておくだけで、効率良い栄養摂取になること間違いなし!

まとめ

きゅうりに含まれるビタミンC(アスコルビン酸)酸化酵素をアスコルビナーゼといいます。

きゅうりの他に、にんじん・りんご・かぼちゃに含まれます。

またこれらの食材を、すりおろしたり、ジューサーにかけると、
アスコルビナーゼの働きを活発化させます!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ