国際電話のかけ方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:209
  • ありがとう数:0

はじめに

日本国内なら市外局番に7ケタの電話番号。携帯なら090や080で始まる電話番号。
でも、国際電話は?
実は国際電話は相手の電話番号を知っているだけではかかりません。
海外に電話するなんてこと、滅多にないことかもれませんが、今後一生ないとは限りませんのでここで方法を覚えておきましょう。

STEP1

まずは国内と同じく相手の「電話番号」を知る。これがわからないと、どんなに頑張っても電話はできません。

STEP2

次に、国番号。ここが国内にかける場合と違う点です。どこの国にかけますよ、という番号が必要なのです。ちなみに日本は「81」です。米国は「1」、韓国は「82」、オーストラリアは「61」など決まった番号がありますので、不明な場合は調べておきましょう。

STEP3

そして、どの電話会社を使ってかけるかによって番号が変わってきます。
NTTなら「0033-010」、KDDIなら「001-010」という具合にそれぞれ番号がありますので、使いたい会社の番号をチェックしておきましょう。

STEP4

これを「電話会社の番号」「国番号」「(先頭の0を除いた)相手の電話番号」の順にかければつながります。

まとめ

相手の電話番号の先頭に0がある場合は除いてかけることを忘れないことと、
間違い電話しないよう番号をよく確かめてからかけるのがポイントです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ