冷えると便秘になりやすくなる。温めて便秘解消術

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1325
  • ありがとう数:0

はじめに

冬になると、風邪薬と同じくらいに便秘薬が売れるそうです。
冷えが腸の運動を悪くして、その結果便秘になるといいます。
冬の便秘対策を調べてみました。

STEP1理想の腸内環境は、善玉菌2:悪玉菌:日和見菌7の対比です。

日和見菌とは、状況によっていい働きも悪い働きもするという腸内細菌です。
善玉菌が増えすぎると、日和見菌は悪玉菌の役割をするように変化します。

STEP2

入浴の温度を40℃に保ち、ゆっくりとお湯につかって体を温めます。
40℃は自律神経の副交感神経が上がり、体がリラックスした状態になって腸の緊張が取れます。
腸が動き出して、便秘解消に向かうということです。

これに合わせて、下腹で「の」の字をゆっくりと書くようにマッサージすると一層効果的です。

STEP3食べ物で腸を温める方法

ショウガ湯でお腹を内側から温めて、腸の血流を良くすることで便秘を解消させます。

シナモンパウダーも、内臓を温め、冷え解消に効果があるといわれています。
シナモンパウダーをココアやコーヒーにかけたり、ヨーグルトに混ぜると一層の整腸作用があります。

まとめ

冬は、体の冷えに伴い腸の血流が悪くなり、便秘をしやすくなります。運動やマッサージ、食事によって体を温め、便秘解消に努めましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ