体を温めるとなぜいいの?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「冷えは健康によくない」なぜでしょう? それは、ヒートショックプロテイン(HSP)
と物質が、カギを握っているらしい、、、

STEP1【HSPってそもそもなに?】

 それは、別名ストレスタンパクともいわれ、ストレスによって傷ついた体内の細胞を作るタンパク質を修復する物質。 大きなストレスを受けすぎるとHSPの生産が足りなくなり細胞の修復が遅れてしまうことになる。 というわけです。
 

STEP2【HSPをふやすには?】

 もっとも効果的なのが、「体を温める」なんです。体温を38℃くらいに高めるとHSPが作られはじめ、約二日後くらいにピークになります。 まず、入浴前にたっぷり水分をとってから、やや熱めのお風呂に10分つかり体を温めます。お風呂あがりには、冷たい飲み物などは10分程度我慢して、温かい服を着て保温します。

STEP3【低体温の人は、さらに注意】

 低体温(平熱が36℃以下)の人は、自律神経の働きが悪くなっているため免疫力も低下しています。平熱を、高めるように普段から体を冷やす食べ物などは極力さけましょう。

まとめ

大事なイベントに備えて、二日前にお風呂対策をすれば、効果が期待できますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

熱めのお風呂 多少の我慢

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ