干して栄養倍増 なんでも乾燥野菜

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:823
  • ありがとう数:0

はじめに

冬の乾燥する季節ならでは、野菜を乾燥させて保存してみましょう。
干し野菜にすると、甘みが増して旨みもギュッと凝縮します。

いいことだらけの干し野菜、簡単に家庭で作ってみましょう。

STEP1干し野菜に適した野菜

・大根 ・ブロッコリー ・にんじん ・トマト ・ごぼう ・レンコン
・芋 ・かぼちゃ ・パプリカ ・玉ねぎ ・キノコ類 

皮付きのまま、お好みの大きさに切ります。
あまり大きすぎると乾燥しにくくなり、小さすぎると干乾びてしまいます。

STEP2干し方

ざるの上に野菜を乗せ、日当たりのよい風通しのいいところに置きます。
朝ベランダなどに出して、夕方日が陰ったら取り込みます。

一日で乾燥野菜ができるものもありますが、切干大根のように何日もかけて干すこともあります。
できあがった乾燥野菜は、密封できるタッパーなどにいれて冷蔵庫で保存します。

STEP3乾燥野菜は、生の野菜と同じように料理に使います。

炒め物にしたり、煮物に使います。

干したことによって、シャキシャキの食感が増して一段とおいしくなります。
食物繊維、鉄、カルシウムなどのミネラルとカロテンが増えて、生より栄養価の高い野菜になります。

まとめ

野菜を干す際には、ペーパーナプキンなどで野菜の水気をふき取って干すようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ