正しい便秘薬のすすめ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:256
  • ありがとう数:0

はじめに

便秘のタイプによって、お薬も違います。クセにならず、上手に効果を得るなら 便秘のタイプを知りましょう。

STEP1

[弛緩性便秘] 大腸の筋力が低下して、ぜん動運動がうまくいかないタイプ
 大腸の収縮を助けるカルボキシメチルセルロースやプランタゴ・オバタなどが入った便秘薬を選びます。(薬局で相談してくださいね)これらは、水分を吸収してふくらみ、それが刺激となって、大腸のぜん動運動を促します。 おなかに硬い便がつまっているように感じられる便秘であれば、酸化マグネシウムの入っている便秘薬がおすすめ。水分を大腸に集め、便を軟らかくして排泄します。(くれぐれも 薬局か病院で相談してくださいね)

STEP2[けいれん性便秘] 便秘と下痢を繰り返すタイプ

 ストレスなどによっておこる、若い人に(男性にも)多い便秘です。このタイプには腸に直接作用する薬は逆効果! かえってけいれんを強くして、腹痛を起こす可能性があります。お医者様や薬剤師さんに相談してアドバイスを得てください。

STEP3

[直腸性便秘] 直腸に便が運ばれても、便意が起こりにくいタイプ
 このタイプには、肛門から直腸に薬を注入する浣腸を使って、長い間たまっていた便を排出させます。 ただし、一時的な処置として、使い続けることは直腸の反応が鈍くなるのでさけましょう。

まとめ

自分の便秘を知ることが一番。いずれにしても、薬剤師や医師の指示にしたがって、お大事に、、、

関連するタグ

必要なもの

便秘に悩んでいる方  便秘のタイプを知りたい方

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ