お箸の使い方・上達のコツとは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1656
  • ありがとう数:0

はじめに

ファーストフードや洋食が増えたこともあり、食事のときにお箸を使うことがめっきりと少なくなりました。しかし、お箸をうまく使えることは大切なことです。ここでは、高校時代の教科担任のA教師から教わった方法をお話ししたいと思います。すべての人に効果があるとは限りませんが、なにかのときには思い出してくださいね。

STEP1

A教師には高校生の甥御さんがいましたが、お箸の使い方がなんともいえない悲惨なものだったそうです。

STEP2

業を煮やしたA教師は「そんなんじゃ、彼女に嫌われるよ」と一喝! すると、その甥御さんは、以前から勧められていた「豆つかみ」の練習に励むようになったそうです。

まとめ

「豆つかみ」とは、お箸で乾燥豆をつかんで、違う器に移し替えることだそうです。

たしかにお箸を使うことは難しいですね。日常的にお箸を使う習慣のない外国人が、日本食を食べるとき苦労するもの納得できます。そのうち、日本人も日本食を食べるために、お箸ではなくフォークを求める人が増えるかもしれませんね。

食生活の時代による変化は仕方ないことだとはいえ、やはりお箸を使えるようにしておきたいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

お箸の練習

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ