甘エビの殻を捨てる前に、有効活用する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4160
  • ありがとう数:0

はじめに

甘エビを買ってきて、殻をすてている人はいませんか?
ガイドもそう。
でも、お義母さんに有効活用する方法を教えてもらいました。
そして、今日活用してみたのですが、なるほど、捨てていたはずの甘エビの殻が使えます。
そんな有効活用の方法を紹介します。

STEP1[活用方法1]

■殻でだしをとってお味噌汁に

甘エビの殻をまとめておく。

そして、お味噌をとく「ざる(味噌とき)」に入れておく。
水からだしをとるときにその「ざる」を一緒に入れて。

沸騰してしばらくしたら、ざるは引き上げる。

おいしいだしがとれています。
よく、伊勢えびや、カニが入っているお味噌汁があると思います。
それと同じ味が楽しめます。
これは、ガイドも実証済み。おいしかったですよ。

STEP2[活用方法2]

■殻をミキサーやブレンダーで細かくして、ふりかけに

甘エビの殻をまとめておく

ブレンダーやミキサーに、かつおぶしパック、しょうゆ大さじ1、ごまを入れて、まぜる

ふりかけになります。

これはまだ作っていないのですが、甘エビのだしが出ておいしそうです。

STEP3[活用方法3]

■殻からできたふりかけを、だし代わりに

活用方法2でできたふりかけを、煮物に入れたり、炒め物に入れたりする。
野菜炒めにちょっと加えるだけでもコクが出るのだそうです。

また、鶏肉のつくねに加えたり、餃子に入れたり、シュウマイに入れたり。
ふんわりと香りがしておいしいそうですよ。

まとめ

ガイドは、味噌汁のだしに使ってみました。
海鮮の味がしっかり出ていて、おいしかったです。
普段捨てていた人は、ぜひ甘エビの殻を利用してみてくださいね!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ