こういうことがあると、お客様は怒る!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:286
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by abes
色々なところで働いていると、お客様が怒るポイントというのが、段々見えてきます。
皆さんは、知らない間にこんな応対をしていませんか?
今回は、3つのポイントを挙げてみます。

STEP1どう考えても矛盾していることを答えている場合。

例えば、自宅のパソコンがインターネットに繋がられない状態なのに、「ご自宅のパソコンをインターネットに繋げて下さい」という返答。

STEP2問い合わせに関して、適当に聞いて(見て)いる場合。

最初の数行しか聞かないで(読まないで)全てを判断している場合。

STEP3

それはこちらの手落ちではない、どうなっているかわからないなどと開き直った場合。

自分が専門範囲ではないからと、他の部署のせいにしたりする。
お客様の話を全く聞く様子がない。

STEP4

上述のようなトラブルは、人と直接対面しないこと、お客様への対応をマニュアルに依存していることに由来し、起こることです。

人と人が接していることを忘れないでお仕事をしたいものですね。
それを忘れないことの対策として、席に鏡を置く企業さんもあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ