子供の習い事の選び方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:284
  • ありがとう数:0

はじめに

子供に何を習わせるのか、どのくらいさせたらいいのか参考にしてください。

STEP1★ どんなに小さい子でも本人の意思を確認する

事情や、親の願いもあるでしょうが、本人の意思を無視しないようにしましょう。

嫌なことに通い続けることは子供に限らず苦痛です。

親の希望で、させたい習い事に子供が「やりたくない」というなら、無理にはじめず、様子を見たり機会があるごとにその習い事に触れたりして、本人がやりたいと思うように仕向けることが大事です。

STEP2

★ 普通に生活するだけでは経験できないような場所にどんどん連れ出していきましょう


新しいものを見聞きすることによって、子供のやってみたいという気持ちがたくさん芽生えてきます。
テレビで見るのとは違う生の試合や演劇。実験や工作。

その中で、「これがやりたい」というものが出てくるはずです。

STEP3★ 習い事は3つまで

経験上これ以上やると、子供の遊び時間が無くなります。

いくら本人の意思とはいえ、子供なので親がセーブしてやることが大切です。

STEP4★ 外遊びが十分にできる範囲で

いくら習い事が大事だからといって、外で子供が遊ぶ時間が無くなっては本当に大事なものを学ぶ時間が無くなってしまいます。

同年代の子供と喧嘩したり、困ったことをたくさん経験して、子供は社会性を学ぶのです。

いくら頭がよくて、スポーツができても、人間性や社会性が育たなければ、将来困ったことになってしまします。

まとめ

子供は親の所有物ではありません。

わがままを聞くのではなく尊重していきましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ