電子レンジのグリルとオーブン機能とは

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:645
  • ありがとう数:0

はじめに

電子レンジに、グリルとオーブンの機能があります。
どう使い方にどうのような違いがあるのか?

STEP1

グリル機能は、料理の表面だけを加熱する機能で、グラタンなどに利用します。
オーブン機能は、料理全体を加熱する機能で、ローストチキンなどに使用します。

STEP2グリル機能  = 上火で焦げ目をつける

火が通っているものに焦げ目をつけるのに適しています。
ちなみに火の通っていないグラタンはレンジで一度温めてグリルで焦げ目をつけると電気代を節約できます。オーブン機能で調理すると電気も時間もかかります。

STEP3オーブン機能 = 熱風で食品全体を熱する

オーブン機能は庫内全体の温度を上げ、ファンで熱風を回しながら料理をします。なのでお肉のかたまりを焼くのに適しています。
一般に箱形で、熱せられた空気と食品から発生する水蒸気を器内に閉じ込め、100℃以上に加熱して調理を行います。
直火焼きのように焼き目や焦げたりしない料理が出来ます。

まとめ

それぞれの機能を生かした料理に活用していきましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ