アルバイトをしている人の忘年会の断り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by abes
年末になると、忘年会のお誘いが色々なところからあります。 しかし、アルバイトをしている人にとっては、この忘年会の代金というのが結構バカになりません。 正社員の人は積み立てをしているから、0円、多くて3000円程度で参加が出来る忘年会。 アルバイトの人は、当然ですがそんな積み立てはありません。 ですから、一度の料金が4000円、5000円、6000円とどんどん高くなってしまいます。 どこか一ヶ所くらい断りたいな…と思った時のコツです。

STEP1アルバイトを複数掛け持ちしている場合。

(それがアルバイト先にわかっている時)

忘年会の時間帯と、掛け持ちのアルバイトの時間が被っていると言います。

STEP2アルバイトを複数掛け持ちしている場合。

(それがアルバイト先にわかっていない時)

この際、正直にアルバイトを複数掛け持ちしていると言います。
突然の告白に、忘年会が吹っ飛びます。

STEP3アルバイトは一ヶ所のみの場合。

忘年会の時間帯に、事前に友人との忘年会が被っていると言います。

STEP4

どの場合でも、正直に「お金が足りないので行けません」と言える環境があれば、上述のようなことは考えなくても大丈夫です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ