挙動不審になってしまうのを防ぐ方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
人と一対一で話すと、挙動が不審になってしまったり、普通にすごしているはずなのに、挙動が怪しいと言われる…そんな方は、以下のことを試してみてください。

STEP1①服装を見直す

まず、外見から変えていきましょう。
普通に過ごしているのに、挙動不審と思われる場合、外見上で「怪しい」と思われているかもしれません。
例えば、帽子を目深にかぶって、マスクをして…といったいかにもな服装は、周りの人に警戒心を抱かせてしまいます。

周りの視線が気になるかたは、まず質素な服装にしてみましょう。

STEP2②周囲の視線を必要以上に気にしない。

特におかしな服装・髪型にしていなければ、周囲を気にしすぎているのかもしれません。
基本的に、見知らぬ通りがかりの人は、こちらをほとんど意識していません。

道を歩けば一日に何人もの人とすれ違うと思いますが、その人たちの視線を気にし、「普通」に振舞おうとすると、逆におかしな人に見られます。

周りの人に対する、余計な警戒心は解きましょう。どうしても周りの人が気になる方は、好きな音楽を聴きながら歩くと良いでしょう。悠然と歩くことができます。

STEP3

Photo by いなみわけ
③面と向かって話す時は、正面で向き合わず、互いにやや斜めに座って話す。

面と向かって話すと、どうしても緊張してしまいますよね。
面接では、正面に向いて向かい合わなければなりませんが、普段の会話であれば、無理に正面で向かい合う必要はありません。

カウンセリングでよくとられる方法ですが、一対一で話をする場合、やや斜めに向き合って座ります。
そのやり方は、次のようになります。

三人で向かいあって話をする場合、三角形に座って話すと思いますが、
二人で話す場合も、それと同じ形で、架空の三人目がいるような形で、話すと良いでしょう。

相手への余分な意識を減らして、自分の考えを述べ、相手の考えを聞くことができます。緊張も減るので、挙動も落ち着きます。

まとめ

焦りは禁物ですが、それを気にしすぎることもいけません。上記の方法で人と接することに慣れていけば、面接でも落ち着いて受け答えすることができるようになります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

落ち着き

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ