ラーメン屋さんみたいな、黄身トロトロのゆで卵を作る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3827
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
いつものゆで卵は、水に卵を入れて、沸騰したら○分という作り方ですね。
ゆで時間によって、黄身を半熟にしたり固ゆでにしたりの調整をします。

ラーメンに載っている、煮卵。
半熟とは様子が違うし、かといって味も良く浸みている。
どうやって作るのかと、疑問に思ったことはありませんか。

実は簡単なのです。

STEP1下準備と注意

煮卵を作る場合は、予め醤油・みりんなどの調味液を混ぜ合わせひと煮立ちさせておきます。
その煮汁は冷ましておいてください。

卵は必ず冷蔵庫に入れて冷やしておいてください
飼ってきたばかりの常温の卵では、トロトロの黄身にはなりません。

いつもの茹で卵のように、水から入れないでください。

STEP21)鍋に水を入れ、火にかけて沸騰させます。

2)冷蔵庫から出したばかりの冷たい卵の底に押しピンなどで、小さな穴を空けます。(とがっていない方の底)
沸騰した鍋の中に入れます

3)茹で時間はLサイズの卵で、ジャスト7分。
箸で転がしながら茹でると、黄身が中央になります。

4)7分経ったら、水に放ち、触れる程度に冷めたら殻をむきます。

5)厚手のビニール袋に煮汁を入れて、まだ暖かい、殻をむいた茹で卵を入れ口を縛ります。
(ビニール袋を使うのは、少ない煮汁で全体が浸かるのです)

あとは、1昼夜は置いてください。

塩分により、浸透圧で卵の水分が少しづつ抜けていきます。
2日以上漬け込むと、中まで味は新党しますが固くなりますので、一昼夜程度が良いと思います。
(お好みで調整を)

半分に切って、ラーメンや丼に乗せてください。
彩鮮やかなトロトロ茹で卵の出来上がりです。
(包丁で切ると黄身が壊れるので、縫い糸やテグスで切ってください)

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ