疲れ目に春菊

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

春菊にはどんな栄養があるのでしょう。 疲れ目に効くなんて、知らなかった・・

STEP1原産は地中海沿岸。11月~5月が旬。

さっと下ゆでしますが、葉は生のままでも柔らかくておいしい。

カロテン(ほうれん草より多い)、ビタミンB2、食物繊維が多く、
カルシウム、鉄、マグネシウム、銅などを含み、栄養価が高い。

STEP2疲れ目には、ビタミンA、ビタミンB1、B2、Cが効きます。

カロテンは体内でビタミンAになり、お肉などのタンパク質が吸収率を高めてくれます。
すきやき、豚しゃぶ・・・たくさん頂けそうですね。
鶏肉と煮てもおいしそうです。

生の葉っぱを、うなぎと食べると、ビタミンAの相乗効果で、カサカサお肌にも効きそう。

簡単手軽に、海苔巻きはいかがでしょう。ゆでて海苔に巻くだけ。

STEP3主役にはなれないけど、脇役ならバリエーション豊か。

風邪を引いたかな?というときには、お粥にして食べてみましょう。

しょうがを入れて炊いたお粥に梅肉と細かく刻んだ春菊を加えてさらに10分炊く。

ほんのりピンクに、春菊の緑が食欲をそそります。

もちろん味も栄養もバッチリ★

STEP4いかとキムチと酢醤油であえるのはいかが?

軽く炒った松の実も加えて、滋養強壮・スタミナアップです。

まとめ

栄養価の高い緑黄色野菜です。食べなきゃソン?

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

春菊 肉(牛、豚、鶏)魚(うなぎ、いか) 海苔、しょうが、梅干、醤油、酢 松の実

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ