膀胱炎を予防しよう

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
膀胱炎を患ったことがありますか。 どんな病気の症状もなってみないと理解することはできません。 膀胱炎の不快感は、本当に辛いです。 常に尿意を感じているようで、仕事にも集中できません。 頻尿・排尿痛・残余感・尿の濁りなどが代表的症状で 膀胱炎は女性の方が圧倒的にかかりやすいのです。 できれば、あの不快感は味合いたくないもの。 少し意識すれば予防することができます。

STEP1膀胱炎の原因

膀胱炎の原因は言わずと知れた、膀胱内に細菌(大腸菌など)が侵入し、炎症を起こすのです。
女性がなり易いのは、尿道の長さの差です。
男性は15cm前後あるのに対し、女性はわずか5cm前後と、男性の3分の1しかありません。
したがって、細菌が膀胱へ侵入しやすいのです。

膀胱にも、侵入する細菌に対しての防衛機能を持っています。
しかし、風邪を引いたり、過労、睡眠不足など、体力が落ちていたり、免疫力が落ちている時には、その防衛機能が十分に働かず、たやすく増殖してしまうのです。

STEP2冷えは万病の元

「風邪は万病の元」と言いますが、「冷え」も万病を引き寄せてしまいます。
膀胱炎もそういえるかもしれません。
寒い時期はトイレも近くなります。
通勤や勤務中、授業中など尿意を感じてもすぐにはトイレに行くことができない事も多いはずです。
冷えると膀胱も縮んで、尿を貯める量が少なってしまうようです。
ですから、トイレが近いのです。

膀胱炎を防ぐ一番の予防は、分かりきっていることですが我慢しないこと。
体力が落ちないように、十分な食事・睡眠を心がけることも重要です。
それは、風邪などの感染防止にも有効です。
膀胱の中で、細菌が増殖する時間を与えてしまうからです。

STEP3

女性のデリケートゾーンのトラブルに悩まされる人も多いことでしょう。

生理中のかぶれやかゆみも、その一つ。

月経中にはナプキンなどの密着で細菌が増えやすい環境になります。
務めてトイレのシャワー洗浄を使うなどして、清潔を保ちましょう。

排便時や性行為後も同じように、細菌が増えやすい環境ですので、洗浄をお忘れなく。

予防策と言っても分かりきっている事ばかりですが、冷えも大敵です。

まとめ

膀胱炎の治療は抗生物質が使われます。 軽い場合は1,2日、長くても1週間もすれば完治するでしょう。 膀胱炎になり、水分を控える人が多いようですが、それは逆効果です。 沢山排尿して、膀胱内の細菌を排出してしまうのです。 できれば、膀胱炎の不快感を味わうことがないことを願います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ