羽毛布団の掛け方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

羽毛布団は軽くて、暖かくて気持ちいいですね。
でも、軽いのでちょっと寝相が悪いと…どうしても肩口などに隙間が出来やすくなって逆に寒いと感じます。

STEP1メーカー側などのお奨め方法としては

肌に直接羽毛布団を掛け、寒い場合は羽毛布団の上に毛布を掛けた方が良いとされています。

STEP2

薄いタオルケット→ 羽毛布団→ 毛布2枚などの順にすると温かいです。
毛布を上に掛けた方が空気を封じ込めるからです。
タオルケットは汚れ防止なので、布団にカバーを掛けてあれば不要です。

STEP3

人は寝ている時に何度も寝返りをうち、それで血流がよくなります。
寝返りが不十分だと、血流も悪く、身体があたたかくならないのです。
直接羽毛などの布団をかけ、その熱を逃がさないように上に毛布をかけます。これで自由に寝返りがうて、血流がよくなるのです。
毛布が上というと寒いのでは、と思いがちですが、ためしにやってみて下さい。

寝返りをうつのは健康な証拠です!

まとめ

寝返りをうつのは健康な証拠
寒く感じるときは羽毛布団の上に毛布

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ