隠れたロングセラーを食べる~苺のかき氷棒アイス もも太郎

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:486
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
冬にアイスを楽しむ人が、日本でも増えてきました。今回の隠れたロングセラーは、アイスキャンディー。冬に食べれば、体の芯まで凍えそうです。

紹介するのは、新潟出身の人にはおなじみの『もも太郎』。苺味のアイスキャンディーで、かき氷をぎゅっと固めたといった表現がぴったりのかき氷棒です。

STEP1

新潟では常識のアイスキャンディー『もも太郎』を生み出している会社は、株式会社セイヒョーさん。創業が1916年と、かなりな老舗です。
もも太郎の良さは、凝縮されたかき氷の苺シロップ味の他、アバウトに刺さった木の棒、透明な袋からのぞく桃色の姿などにあります。そして、氷を砕いて固めたアイスなので、とにかく体が冷える!猛暑には最高の氷菓子なのです。

STEP2

もも太郎は、生まれてから約50年ほどのご長寿アイス。できれば新潟に行って発見するのが興奮度も高いのですが、お取り寄せで味わうこともできます。
そして、残念ながら通販では購入できませんが、あずき粒が飛び出してきそうなほどゴロゴロ入った『あずきバー』、メロン味のアイスキャンディーにチョコがけした『チョコにメロメロ』も、おすすめです。

まとめ

株式会社セイヒョーさんのホームページは、こちら。オンラインショッピングも出来ます。
http://www.seihyo.co.jp/

関連するタグ

必要なもの

もも太郎

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ