冬靴を買うときに注意すべきこと

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:490
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
雪道を歩く靴は、滑りやすいもの、歩きづらいものではいけません。また、防水性も要求されます。

STEP1①足のサイズにあった靴を選ぶ

これは冬靴に限りませんが、自分の足のサイズにあったものを買わなければなりません。その際、必ず靴下を履いて、試し履きしてみましょう。冬場は素足で歩くことはありませんから、普段履く靴下を履いた状態の足のサイズにあった靴を買わなければなりません。

また、秋口に買うのであれば、普段より少し厚めの靴下で試し履きしてみましょう。冬は厚手の靴下を履いて歩くことが多いからです。そして、試し履きした状態で店内を少し歩いてみましょう。

STEP2②靴の裏がなるべく滑りづらいものを選ぶ

特に雪国では、このチェックが必須です。革靴などは裏がつるっとしていることがありますが、そんな靴ではとても歩けません。

最近は、裏に金具のスパイクがついているものもあります。ただ、足を地面に摺るように歩くことが多い方は、この金具が取れてしまうこともしばしばあります。取れてしまうと、逆に滑りやすくなります。よって、そういった方はこのタイプの靴はやめておいたほうが良いでしょう。

STEP3③防水性の高い靴を選ぶ

雪道を歩く場合、靴の周りに常に雪が付着します。よって、防水性が高くない靴であれば、どんどん水が浸入してしまいます。「撥水加工」と書かれた靴であれば、浸水を防ぐことができます。

また、撥水スプレーも靴屋に売っていますので、定期的に吹き付けると、雪道も安心です。

まとめ

雪道の安全は、靴によってもたらされます。自分の目で見て、安心できる靴を買いましょう。ネット販売の靴は安いですが、冬靴の場合やめておいたほうが良いです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

靴屋 試し履き 撥水スプレー

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ