氷がくっつかないように保存する裏技!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ジュースを飲もうと思って冷凍庫を開けると、氷がくっつきあってひとかたまりに!!なんんてことありますよね。どうにかしていつもバラバラのまま氷を保存しておきたいものです。

STEP1

紙袋(デパートでもらったものなど)に氷をいれ、あとは紙袋のくちをしっかり閉じて冷凍庫に入れておきます。

STEP2

たったこれだけで半月以上、氷はくっつくことなく、いつもカキンカキンのキューブ状なのです!

まとめ

氷がくっつく原因は冷凍庫の開け閉めなのです。冷凍庫を開けるたびに表面が少し溶けて、溶けた水分が再び凍ってひっついてしまいます。ところが、紙袋に入れておくと冷凍庫を空けても温度がほとんど変わらず、表面が溶けることがありません。さらに紙袋が水蒸気を吸収してくれるためくっつかないのです!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ