断捨離をしよう。使っていない靴の片付けを

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:9806
  • ありがとう数:0

はじめに

大掃除は少しずつやるのがガイド流。
靴は捨ててスペースをあけていくことから始めましょう。
下駄箱を開けて、全部取り出して2年間使っていない靴やヒールの皮が削れてしまったものはいさぎよく捨てるかリサイクル!
そして、ヒールのゴム交換をしなくてはいけないものは紙袋に。

年内の大掃除ついでにやってしまうのがおすすめです。

OKGuide特集 「運を呼び込むお掃除術」

STEP1[方法]

下駄箱の靴を全部取り出す

乾いたふきんで軽く拭きながら、必要なもの、必要ではないものを区別

捨てるもの、リサイクルするものは紙袋に

かかとを交換するものも紙袋に

栄養クリームを塗る
スニーカーなど洗うものは、洗う

そのままはくものは、一足だけ玄関先に

STEP2[どんな感じになるのが理想?]

靴は必要なもの一足が玄関に出ている状況までにしてみましょう。
3人家族だったら、通常はくもの1人一足の3足だけ。
収納量以上に靴がある場合は、2年以上はいていないものは処分かリサイクルショップへ。
新品でもはいていなければ、利用価値はありません。

思い入れのある靴でも、かかと部分の革がはがれていたりしたらこの時期に捨てるべき。
気に入っていたら同じようなデザインの靴を探して新しくしましょう。

STEP3[持つべき靴の量を決めよう!]

ガイドが現在持っている靴は、パンプスが4足、サンダル2足、スニーカー1足、ブーツ3足。
このように、下駄箱の収納量に応じて購入する量を決めています。

この量は結構少ないと思いがちですが、一週間違う靴をはいても大丈夫ですし、少なさを感じません。
それはすべての靴をはきまわしているからだと思っています。
シンプルではきやすいものをはいていると、持っている靴の足数は少なくても充分ですよ。
少ないものでも、使いまわして活用するとたくさんものがなくても大丈夫です。

まとめ

大掃除ついでに断捨離。してみましょう!!

OKGuide特集 「運を呼び込むお掃除術」

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ