カメの日なたぼっこ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by BBpoint3
カメは自分で日なたを探せるって知ってましたか? 日のあたる時間になると、浮島の上に登り日なたぼっこしているのです。

STEP1カメは日光浴をして体温調節をします。これが甲羅干しです。

自分で熱を出せないので、太陽の光で、都合の良い体温にします。
暑くなりすぎたら、水に入ったり日かげで体を冷やしたりします。

STEP2

甲羅干しには、ヒルなどの寄生虫をおいはらったり、皮膚や甲羅を殺菌するという役割があります。
紫外線にあたることで、体内でビタミンD3がつくられ、甲羅が柔らかくなったり、脚が曲がったりする病気を防ぎます。
また、食欲を増し、消化吸収をよくする働きもあります。

STEP3甲羅を観察してみましょう。

Photo by BBpoint3
カメの年齢は、甲羅に刻まれている年輪の数でわかります。
内側から 0歳、1歳、2歳、3歳・・・とかぞえていきます。

まとめ

熱射病に注意しましょう。 体温が上がりすぎ、40℃を超えると、死んでしまうことがあります。 水槽内に日かげを作ることを忘れないようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

水槽 砂利 浮島 シェルター エアポンプ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ