栄養満点!!幼児も食べれるほうれん草カレー

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:8554
  • ありがとう数:0

はじめに

私自身が忙しくなってしまったとき、子どもの栄養が偏ってないか急に心配になりました。
カレーだと大量に作って冷凍保存もできますし、野菜もたくさんいれられます。
離乳食後期の子どもも食べられます。

STEP1野菜を適当な大きさにきります。

お肉は豚肉か牛肉なら適当な大きさにきります。
家庭によってカレーを作るなべの大きさはばらばらだと思いますが、
ミキサーにかけるのでミキサーに入るぐらいの量の野菜です。

STEP2ほうれん草はゆでてみずにさらします。

ほかの野菜は別のなべにやわらかくなるまでコンソメスープで煮ます。
子どもが苦手な野菜も一緒に煮ます。

STEP3

やわらかくなったらすこし覚ましてからほうれん草とともにミキサーにかけます。
水分が多すぎたら具ざいを優先に投入してください。
水分がすくなければここで牛乳をたしてください。

STEP4

どろどろな状態になりますので、そしたらなべにうつしてカレーのルーを足せば簡単にカレーになります。
どろどろ過ぎる場合は水分を足してください。

まとめ

子どもが嫌いな野菜はやわらくにて、ミキサーで形をなくすと何が入っているか分からないので食べてくれます。

牛乳の変わりにヨーグルトやくだものをたしてもいいと思います。
とにかくやさいの形をなくしてあげれば子どもも食べやすいです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ほうれん草 ジャガイモ にんじん たまねぎ そのほか好みの野菜(かぼちゃやピーマンなど) カレー粉(子どもが食べる場合は子供用、大人には大人用) 固形コンソメ お肉(子どもはなくても美味しく食べられると思います) 牛乳

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ