人工のイクラの見分け方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:915
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
お寿司の軍艦巻きや、丼、お正月の料理として、いくらを使いますね!

彩がキレイですし、何より美味しいです。
ちょっと高級品というイメージですが、たまには贅沢も良いでしょう♪
しかし、イクラにも人工のものがあるのをご存知ですか?
どのようにして、本物と見分けるかをお教えしましょう。

STEP1イクラ

みなさんのご存じの通り、鮭の卵です。
プチプチとした食感がたまりませんね。
人工イクラも見た目には、本物と見分けがつきません。
丁寧に、濃いオレンジの胚まで作りこまれているものあります。

STEP2見分け方1

ぬるま湯に浸けてください。お湯が白く濁るものは本物です。
これは表面のたんぱく質が固まるので、濁るのです。

STEP3見分け方2

お寿司屋で軍艦巻きを作るとき、さすがに瓶や容器に手を突っ込んで掬ったりはしないでしょう。
スプーンやヘラなどで軍艦に乗せます。
乗せる手元を見ていてください。
サラサラとスムーズに落ちていくのは、人工イクラです。まとわりつくような状態で、すんなり乗ってくれないのが本物です。

STEP4うまくお店も見分けよう

安いからと言って、偽物を食べさせられるなんでイヤですよね。
分かって食べるのなら良いですが、何も告げずに偽物イクラを使うようなお店は避けた方が良いですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ