入院費用の負担を少しでも軽くしたいときには・・・。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:238
  • ありがとう数:0

はじめに

病気をして入院をしなければならなくなったとき、精神的な負担のほかにも経済的な負担がかかり、重くのしかかってくることがあります。
少しでも支払う医療費の軽減をするための方法です。

STEP1病院に入院する日取りは、できるだけ月初にするようにします。

入院期間にもよりますが、入院がほぼ1ケ月ということであれば、月初をオススメします。

STEP2医療費は1ケ月ごとに集計し、高額医療費として控除されます。

例えば30日の入院で合計10万円の支払いの場合、単純に計算すると
2ヶ月に分かれた場合、前月は半額5万円の支払い、次月に5万円の支払いとなります。
1月で入院した場合、支払いは1度で10万円です。

STEP3

支払いが1度で10万円は負担が大きいと思うかもしれませんが、実は高額医療費控除の対象となり、10万円支払っても約8万円を超えた分については、申請すると戻ってきます。

STEP4

月額5万円を2ヶ月支払っても、高額医療費としても対象にはなりません。
確定申告で医療費控除をすればいくらかの戻りはあります。

まとめ

長期入院となる場合は、できるだけ月初に手続きをすることです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ