保温シーツを使うときの注意点とは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:404
  • ありがとう数:0

はじめに

超軽量で薄い素材の保温シーツがあり、就寝時の暖房代わりとして大変重宝されます。そんな便利なグッズですが、保温性があるために思わぬ弊害が起こることもあります。ここでは、その実例をお話ししたいと思います。

STEP1

保温シーツは、外気を遮断する役目があると同時に、通気性が悪くなるというマイナス面もあるのです。

STEP2

つまり、内側にこもった熱を放出できないため、湿った状態になります。その結果、風邪をひくこともあります。

まとめ

もちろん個人差もありますし、そのときの体調にもよりますが、保温シーツにはこのような性質があることを知っておいたほうがいいと思います。
知人にこのことを話したら、子どもさんが「おねしょシーツ」でも同じようなことを経験したとの返事が返ってきました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

保温性と通気性を考える

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ