醤油の美味しい使い方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:233
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ariccyo
世の中に流通している醤油は5種類。
どういうときに、どの醤油を使えばいいのか紹介します。

STEP1①濃口醤油

ほとんど、世の中に廻っているのが、コレ。全体の生産量の8割を占める。つけ醤油、煮物、焼き物全てに合う万能タイプ。そばつゆに使うとグット!!

STEP2②淡口醤油

色が薄いが、実は、塩分量は濃口醤油より高い!!素材の色・香りを生かしたい煮物、すまし汁や、京料理などに合う。めんつゆを作るときに合います。

STEP3③たまり醤油

ほとんど大豆で作られる。濃厚でコクがある。すっごく甘くて、塩分濃度はやや低め。刺身(赤身)の漬け醤油、照り焼きなどに濃い口の料理に向いている。

STEP4④再仕込み醤油

一度絞った生醤油にさらに大豆、小麦を入れもう一度熟成させたもの。通常の2倍の原材料と時間をかけて作られる。ちょっと高級で、濃厚なため、机の上に置いている醤油に向いている。

STEP5⑤しろ醤油

ほとんど小麦で作られている。大豆はごくわずかしか含まれていない。淡口よりも色が薄い琥珀色。甘みが強く独特の香り。賞味期限が凄く短い。主に調理用に向く。料理に万能でないために、卓上用には向かない。お吸い物、茶碗蒸しの他、ドレッシングなど、さっぱりとした薄口の料理に向いている。

まとめ

それぞれの料理にあった醤油を使うと、美味しさがアップする。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

濃口醤油、淡口醤油、たまり醤油、再仕込み醤油、しろ醤油

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ