知ってためになる、子どもの教育費

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:210
  • ありがとう数:0

はじめに

子どもの教育費が大変だということは、先輩パパママから聞いたことがあると思います。
私立校と公立校の学費の違いについて、おおよその費用を知っておけば、少しずつ準備をすることができます。
いざというとき困らないよう、学費のことを知っておいてください。

STEP1

教育費としては、幼稚園から大学(下宿)まで私立校に進学した場合には、2800万円といわれます。
一方公立校へ大学(国立/下宿)進学した場合では、1300万円といわれます。

STEP2今や4年大学への進学率が50%を超えています。

大学卒業までの学費は、少しずつ準備を進めなければなりません。
学費専用の口座を設け、定期的に貯蓄することをおすすめします。

STEP3確実にためるためには、学資保険に加入するのが良いでしょう。

貯蓄したい金額を決めて、強制的に貯蓄できますし、ご主人が万一の場合には、補ってくれます。

まとめ

子どもの教育費は、思ったよりかかるものです。
少しでも早くから準備を始めることをおすすめします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ