明るい印象で写真に写るには

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:310
  • ありがとう数:0

はじめに

写真はその人の人柄をも表す、極めてリアリティのある記憶物です。なので、暗い印象で写ったものなどは、人に見られたくないですよね。明るい印象を表現するには、どうすれば良いのでしょうか?意識面と共に、実践してみて下さい。

STEP1

人の感情は、顔や体の"角度"でも表されます。そしてそれは、その人の性格を表すとても大きな要素です。

STEP2

写真に写る際は、胸を張り、姿勢を正しく保つ事を心掛けましょう。
「胸を張る」とは、気持ち面での表現にも使われる言葉ですが、実際の行動としても、同じ効果をもたらします。

STEP3

顔の向きも一緒です。カメラと目線を繋いだ時に、水平以上の角度でいる様にしましょう。

STEP4

そして、レンズに向けた「目力」も非常に重要。目をぐっと開いて、堂々とカメラを見つめましょう。写真は実際よりも小さく写るものなので、少し「開き過ぎかな…」くらいに目を開いて大丈夫です。

まとめ

緊張してしまうと、"堂々と"している事は難しくなります。自然体を心掛けて。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ