写真素材販売-PIXTA:審査NGとなるケース、その2

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:251
  • ありがとう数:0

はじめに

自分で撮った写真を投稿して、販売されれば収入も得られる話題のサイト「PIXTA」。画像販売には、審査通過が必須条件となるので、これに苦戦してしまうユーザーも結構多いのが現状の様です。では一体、どんな写真がNGとなるんでしょうか。またその対処法とは。。。その2 http://pixta.jp/

STEP1

日本に住む人々の全てには、「肖像権」を主張する"権利"があります。

STEP2

なので、見ず知らずの写真を撮って、尚かつ個人の特定出来る様な映り方をしている場合、そのケースには、NGとなります。

STEP3

かならず了解を得て、そして極力は「モデルリリース」と呼ばれる、人物の肖像権利用許諾を取得し、申請する様にしましょう。

STEP4

また、こういった面をしっかり徹底する事により、PIXTA側からの評価が上がり、販売可能枚数がアップする事も良くあるので、実践してみると良いでしょう。

まとめ

見ず知らずの人に勝手にレンズを向ける事は、失礼にも当たりかねません。ストックフォトにも最低限のマナーを。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ