写真素材販売-PIXTA:審査NGとなるケース、その1

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:653
  • ありがとう数:0

はじめに

自分で撮った写真を投稿して、販売されれば収入も得られる話題のサイト「PIXTA」。画像販売には、審査通過が必須条件となるので、これに苦戦してしまうユーザーも結構多いのが現状の様です。では一体、どんな写真がNGとなるんでしょうか。またその対処法とは。。。その1

http://pixta.jp/

STEP1

写真は、サイト上より不特定多数の購入者が手にする事が可能であり、また使用用途も様々。なので、著作権関連には十分注意する必要があります。

STEP2

その中でも多い事例の一つが、「服のブランド名の映り込み」です。

STEP3

ブランド名やロゴの入った服、アイテムなどは絶対に避けなければなりません。ブランド名の入っていない、シンプルな服装こそが、ストックフォト向きの服装と言えます。

STEP4

「ユニクロ」などの服は、ある種シンプルさを売りにしているものも多数あります。またセンスの良いものも多いので、おすすめかもしれませんね!

まとめ

もちろん、店名や人名などもNG!今の世の中、特に敏感になっている面ですので、徹底しなければ、審査には通らないのです。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ