結婚式 恥をかかないためのマナー

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:237
  • ありがとう数:0

はじめに

結婚式を迎えるとき、いろいろと準備があって大変です。前もっての準備は十分にできていても、当日に忘れがちなことです。当日を迎える前に、チェックしてください。

STEP1受付をしてくれる方へのお礼

友人に結婚式や披露宴の受付を頼むことが多いと思います。
たとえ親しい友人であっても、きちんとお礼はしたほうがよいでしょう。
受付を始める前に、両親がお礼の言葉とともに謝礼金をお渡しします。

STEP2

主賓や乾杯の音頭を頼む方には、「お車代」としてお礼を準備しておき、披露宴が始まる前にお渡しするようにします。

STEP3

お仲人さんを立てた場合は、その日のお礼は言葉だけで済ませ、「お車代」のみをお渡しします。
近日中に改めてご挨拶に伺いますと伝えておきましょう。
仲人さんへのお礼は、お仲人さんとの関係にもよりますが、結納金の1割~2割が目安といわれます。

まとめ

結婚式は当人も両親も、バタバタと忙しく、いろいろなことを忘れがちですが、お世話になった方へのお礼はきちんと当日のうちに済ませたいものです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

謝礼 車代 

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ