引き落とし戦法で残りのお金で生活する力を身につける

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:171
  • ありがとう数:0

はじめに

ないものは、ないという状況をつくってしまいましょう。
それには、自動引き落としを利用して。

STEP1銀行の普通預金か郵便局の普通貯金の引き落とし

指定日に一定金額を(ボーナス月を設定することもできる)
自動的に定期預金や定額貯金に移すことができます。

わざわざ足を運ばなくてもよいので、楽チン。

STEP2MMFや中期国債ファンドを利用する

証券会社や一部の銀行でも扱っていますね。

元本(もともと預けたお金)の保証はありませんが、
元本割れ(預けたお金がそれ以下になって戻ってくること)のリスクが非常に低いので、
証券会社デビューを果たしたい方は、まず、この口座からはじめてみては?
若干ですが、定期預金や定額貯金よりも、利回りがいいのがうれしいポイント。

STEP3ちなみに・・・

定額預金や定額貯金は、それを元にお金を借り入れることができます。
が、証券会社はお金を貸してはくれません。

どちらが自分にメリットがあるか考えて、預け分けするのも
いいでしょう。

まとめ

少ないなら少ないなりに暮らしていけるものです。

元からそれだけのお給料だったんだと、自分に暗示をかけると納得?!

会社によっては、会社でこれらの積立をしてくれるところもありますから
いろいろリサーチしてみて。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ