朝、気持ちよく出勤する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:733
  • ありがとう数:0

はじめに

「昨日の疲れが取れてない」、「寝坊しちゃった」・・・。

そんな朝、会社までの移動時間を少しでも気持ちよく過ごすための方法を教えます!

STEP1疲れや寝不足

による重~い気持ちと身体で向った駅。
通路も階段も、人でいっぱい。
自分のペースで歩くことなんてできません。

他人を押しのける人、列に割り込む人。
会社にたどり着くまでに、すでに駅でグッタリ。

でも今は、気持ちスッキリ、身体しゃっきり。
駅の混雑もなんのその。
毎朝、明るい気持ちで会社に急いでいます。

STEP2他人を先に行かせよう

・・・どうしてそんなことができるかって?
それは、「ある朝のヒラメキ」のおかげ。

どんよりとした気持ちで駅の改札にたどり着いたとき、急に考えが浮かんだんです。

「改札でも、階段でも、ホームでも通路でも、『他人を先に行かせよう』」と。

改札でほかの人と鉢合わせたら、にっこり笑って「お先にどうぞ!」

階段で急いでいる人がいたら、「お先にどうぞ!」と言って身体をかわす。

電車に乗るときも、周りの人たちを先に乗せる。

こんなことを毎朝実践したら、どうなったと思います?

STEP3『お譲りした人々』から、

「ありがとうございます!」
「どうも!」

という明るい声が返ってきたんです。

言葉にしないまでも、会釈をしてくれる人もいます。

無言で、当然のように、わたしの先に行く人は、びっくりするほど少ないんです。

STEP4見ず知らずの人から「ありがとう」

や「会釈」をいただいたら、あら不思議。

家を出たときの疲れや、気持ちの重さがふっとんでしまったんです。

駅から会社まで、軽~い、明るい気持ちで移動できるようになりました。

これが、わたしの「朝、気持ちよく出勤する方法」。

タダです。

簡単です。

長く続けられます。

ぜひお試しください!

まとめ

ポイントがないくらい簡単なのがこの方法。

とにかく

「駅で『他人とかち合ったら、自分が譲る』」だけです。


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

自分の気持ちと行動だけ!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ