◆便利技◆定番ショートカットキー

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:405
  • ありがとう数:0

はじめに

よく利用するショートカットキーをまとめました。

定番ですが、ご存じない方はぜひご利用ください。

私が便利と感じたものについては★便利★と記載しておきます。

STEP1F1

ヘルプの表示します。

Ctrl + C★便利★
選択した項目をコピーします。

Ctrl + X★便利★
選択した項目を切り取ります。

Ctrl + V★便利★
選択した項目を貼り付けることができます。

Ctrl + Z★便利★
操作を元に戻すことができます。

Ctrl + Y★便利★
操作をやり直すことができます。

Del(PCのキーボードによってはDelete)
選択した項目を削除し、ごみ箱に移動します。

Shift + Del(PCのキーボードによってはDelete)★便利★
ごみ箱に移動せず、選択した項目を完全に削除することができます。

F2★便利★
選択した項目の名前を変更することができます。

Ctrl + →
次の単語の先頭にカーソルを移動することができます。

Ctrl + ←
前の単語の先頭にカーソルを移動することができます。

Ctrl + ↓
次の段落の先頭にカーソルを移動することができます。

Ctrl + ↑
前の段落の先頭にカーソルを移動することができます。

Ctrl + Shift + 方向キー
テキストをブロック単位で選択することができます。

Shift + 任意の方向キー
ウィンドウ内またはデスクトップ上の複数の項目を選択することができます。また、ドキュメント内のテキストを範囲指定することもできます。

STEP2Ctrl + 任意の方向キー + Space

ウィンドウ内またはデスクトップ上の複数の個別の項目を選択することができます。

Ctrl + A★便利★
テキスト全体、またはウィンドウ内の項目をすべて選択することができます。

F3(またはCtrl+F)★便利★
ファイルやフォルダの検索ができます。

Alt + Enter
選択した項目のプロパティを表示することができます。

Alt + F4★便利★
ウィンドウを閉じることができます。また、利用中のプログラムを終了することができます。

Alt + Space
作業中のウィンドウのショートカット メニューを開くことができます。

Ctrl + F4(またはCtrl+W)★便利★
作業中のドキュメントを閉じることができます。 (複数のドキュメントを同時に開くことのできるプログラム内で)

Alt + Tab★便利★
ウィンドウの切り替えができます。

STEP3

Alt + Esc
開かれた順序で各項目を巡回することができます。

F4
エクスプローラのアドレス バー リストを表示することができます。

Shift + F10
選択した項目のショートカット メニューを表示することができます。

Esc
現在の作業を取り消すことができます。

Ctrl + Shift + Esc
タスク マネージャを開くことができます。

Shift (CD 挿入時)
CD が自動的に再生しないようにすることができます。

まとめ

大抵のアプリケーションにはそれぞれショートカットキーが存在します。

いろいろお試しの上、ご自身にあったショートカットキーをご利用ください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

WINDOWSパソコン

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ