食べる以外にも効能があるミカン!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:714
  • ありがとう数:0

はじめに

冬はこたつに入って甘いミカン!
これに限りますよね。
皮を剥いて食べる人やそのまま食べる人。
冷凍みかんにしてシャーベットのような食感を
楽しむ人などいろいろいますが、
こんな話は知っていますか?

STEP1冬のよいビタミンCの供給源。

中身だけなく、薄皮も一緒に食べると、
食物繊維もたっぷりでビタミンPもとれ、血管を丈夫にします。
薄皮についている白い綿状のものにはポリフェノールが含まれ、
抗酸化作用が期待できるので、あまりきれいに取り除かないで
食べたほうがよいのです。

STEP2残った皮はざるに広げて日に干すと、

ハクサイ漬けやたくあん漬けなどの香りづけに。

STEP3風呂に入れると冷え症、肩こりによいといわれています。

漢方では陣皮といい、健胃剤として用いられます。

STEP4また、皮の表面に含まれる油性成分(テルペン油)には

油汚れを落とす作用もあります。
食器洗いに用いるとさわやかな香りがし、手荒れも予防します。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ