イライラを軽くする食事方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:253
  • ありがとう数:0

はじめに

忙しかったり、疲れがたまったりとイライラしてるなと感じることありますよね?
そんな時、気分を変えてみたり食事で解消しちゃいましょう!

STEP1

カルシウムの九十九パーセントは骨に存在しますが、一パーセントは血液に入り、体液のバランスを保ち、神経のいらだちや興奮を抑える重要な働きをしています。血液中のカルシウム濃度が低下すると脳神経がスムーズに働かないためにイライラすることになるのです。
カルシウムを最も効率よくとるには牛乳を飲むのがいちばんです。ヨーグルトやチーズを食べるのもよいでしょう。
緑黄色野菜もカルシウムの供給源です。とりわけ多いのがモロヘイア。モロヘイアにはビタミンEも多いので、更年期には二重マルつきのおすすめ野菜です。おひたしもいいのですが、納豆とたたき混ぜて食べればなお結構、更年期特別メニューといってもいいくらいです。

STEP2アロマテラピーでイライラを鎮める

香り成分でイライラや頭痛を鎮める方法もあります。野菜ではセロリ、ピーマン、青ジソに含まれる香り成分が脳の神経系統に働きかけ、とんがっている神経をやわらげます。
植物には香り成分が豊富です。香りにはリラックス効果やリフレッシュ効果の高いものがあり、それを利用して気分転換をはかるのがアロマ(香り)テラピー(療法)です。更年期のイライラや不安感を解消するのもよいでしょう。
リフレッシュ効果の高い香りはバジル、ジャスミン、ペパーミントなど、リラックス効果があるのはレモンやローズマリーです。
カモミールやラベンダーも気持ちを落ち着かせる効果がよく知られています。花の中の花という意味のイランイランは気持ちを鎮めるとともに開放感をもたらし、ローズウッドはストレスをやわらげる効果があります。
しかし、なんといっても自分が好きな香りがいちばん効果的。ハーブをお茶や料理に用いたり、お風呂にこれらの精油をたらして楽しんだり、ローソクなどで温めて室内を香りで満たしてみてはいかがでしょう。

まとめ

たっぷりとカルシウムとやさしい香りの食物をとって、心を落ち着けてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

モロヘイヤ、納豆  ハーブのお香、ロウソク

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ