「防犯アパート」誕生!その効果を知る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:520
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
物騒な世の中になり、空き巣被害が増え、「ちょっとそこまで」と簡単に出かけられなくなりました。たとえば、アパート敷地内の「ごみステーション」へ往復するわずかな時間さえも施錠の必要性が訴えられています。そんななか、警察指南の防犯アパートが誕生し、注目を集めています。そのアパートには、はたしてどんな効果が期待できすのでしょうか……。 

STEP1防犯アパートの販売

を始めたのは福岡市にある「セキスイハイム九州」。県警から空き巣被害実例にもとづく指導を受け、それをアパートの機能として設置したものです。 

STEP2その代表的なものに

防犯ブザーに反応して点灯する「赤色灯」と、周辺に敷き詰められた音が鳴る「玉砂利」などがあげられます。

STEP3そのひとつ「赤色灯」

「防犯ブザー」とセットになっています。
玄関や風呂場、寝室にもブザーを設置、緊急時にリモコン操作をすると大きな音を出し、外壁の赤色灯が点灯、周囲に異変を知らせるというしくみです。 

まとめ

たしかに効果が期待できるものですが、もし、付近に誰もいない場合、近隣に建物がないところなど、そういうシステムを使用することで、却って逆効果になるのでは……という心配が個人的にあります。
こういうシステムを作動しなくてもいい世の中であってほしいと願います。

ちなみに、窃盗目的で訪れる人は、隣近所どうし声掛け合っているところを嫌うといわれています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

防犯対策

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ