知っておきたい!美味しい長ネギレシピ~その二~

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:536
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hiroyang30
今回は群馬の名産、下仁田ねぎの美味しい食べ方をお教えいたします。
今の時期だけの美味しいねぎです。同じ群馬の名産である国府白菜もあると美味し~い冬の味覚を楽しめます!

STEP1まず下仁田ねぎを買うときのポイントなのですが、

普通の長ねぎとは違い、下仁田ねぎは「葉が枯れた」ものを買ってくるのがベストです。市場に出回りたての下仁田ねぎはまだ美味しさ(甘さ)が完璧ではありません。霜が降りた頃に収穫した、葉が枯れてきたころがまさに食べごろです。

STEP2

また、下仁田ねぎは通常の長ねぎとは違い、生では食べれないほど辛味が強いのが特徴です。
しかし加熱することにより、辛味が甘みと変化しとろっとした独特の食感を生むのです。

STEP3

下仁田ねぎをシンプルに味わえるのは一口サイズに輪切りし、コンロなどで焼き目が付くまで焼くのがいいかと思います。
皮の焦げた香ばしい香りと、中がとろっとした美味しさは下仁田ねぎだけの美味しさですね。また、お正月や特別なイベントの時にすき焼きなどで使われるととっても喜ばれますよ!
割り下の甘みと下仁田ねぎとの相性はバツグンです!
最初にお話した国府白菜と一緒にお鍋にして食べるともう最高です!

まとめ

また少し変わった食べ方として下仁田ねぎの天ぷらもオススメします。

一口サイズに切った下仁田ねぎに衣を付けて揚げただけのものですが

塩で食べると何とも言えない甘さがクセになります!

関連するタグ

必要なもの

下仁田ねぎ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ