論文の書き方(構成編)

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1182
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
論文を書く際は、内容をわかりやすく的確に伝える必要があります。さまざまな注意点がありますが、もっとも基本的な部分について以下に示します。

STEP1

論文で最も伝えるべきは、結論です。色々長々と書いても、結論がぼやっとしていたら、論文にはなりません。そこで、まず結論をきちんと考える必要があります。

STEP2

もちろん、書いているうちに結論が変わっていってしまうことも往々にしてあります。ただ、それは書く段階での問題であり、論文として提出する段階においては、結論と内容を明確にリンクさせる必要があります。

STEP3

よって、論文として構成する段階においては、まず論文の頭に結論をもってきます。そして、次にその結論に至った思考過程を、具体的に記述します。そして、最後に冒頭と同じか、より深化し具体的になった結論を書きます。これで、おおまかな体裁を整えることができます。

まとめ

良い論文をたくさん読み、構成の仕方をまねしてみることも効果的です。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ