巨大地震発生!津波から身を守るための避難術。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1488
  • ありがとう数:0

はじめに

「今日、明日に起きてもおかしくはないといわれる」東海・南海地震。火災や、建物の倒壊からも身を守る必要がありますが、津波の心配もあります。

そこで今回は、津波発生時どのように避難すればいいのか。避難時の行動をご紹介します。

STEP1

■地震の揺れが収まって避難しましょう。東海・南海地震など大規模な地震では、強い揺れが30秒以上続くと予想されます。揺れが収まるのを待ってから避難しましょう。

■河川近辺や海辺にいる場合、すぐさま高台や3階建て以上の建物に避難しましょう。河川近辺や海辺は避難勧告が出てからでは手遅れ名場合もあります。状況に応じ自ら判断して避難しましょう。

■頭部を守り徒歩で避難しましょう。地震の際、倒れた建物や電柱が道をふさぎ車が通れない場合があります。頭上からは窓ガラスや看板、屋根瓦や壁などが落ちてくることがあるので、ヘルメットや頭巾などで頭を守って避難するようにしましょう。

■隣近所やお年寄り、ケガ人などにも声をかけ助け合いましょう。災害時には地域のみなさんが協力しあうことが大切です。

STEP2

■災害時の装備をチェック。救急箱やラジオ、ヘルメットや懐中電灯、手ぶくろ(軍手)など。災害時は道路が分断され、緊急用物資の到着も遅くなる場合があります。飲料水やカンパン、缶詰など非常食もあれば心強いでしょう。

■無事避難場所に到着したら6時間はそこで待機しましょう。津波は、第1第2波と次々に押し寄せます。ラジオなどで正確な情報を聞くようにし、待機しましょう。

STEP3

スマトラ島西方沖の地震では、第1波が終わってから第2波でも10m以上の津波が押し寄せてきたことが分かっており、第1波が終わったからといって安全ではありません。

避難場所についたからといって安心せず、ラジオなどの地震情報を聞くように、正確な情報を把握しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

食糧 ・カンパン ・缶詰 ・インスタントラーメン ・お米 ・お菓子(チョコレートなど) 災害用グッズ ・救急箱 ・ラジオ ・ヘルメット ・懐中電灯 ・手ぶくろ(軍手) ・毛布 ・ナイフ、缶切り ・現金、印かん、通帳 ・保険証 ・くつ ・赤ちゃんのいる家庭なら紙オムツなど

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ