続・親切が「おせっかい」に変わるときとは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:219
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
相手を喜ばせようとして親切で行ったことが「おせっかい」に変わる? そういう例は、けっこう身近にあるものです。ここでは、その第二弾をお届けしたいと思います。

STEP1

10数年前、あるコンサートで客席にいたとき、エンディングでステージに上がるよう主催者側から誘われました。いっしょにいた友人には客席に残ってもらい、そのお誘いを受けました。

STEP2

そのコンサートが終わった後、客席で待っていた友人が「写真、撮っておいたよ」と私のカメラを返してくださったのです。「えっ?」一瞬、凍りつきましたが笑顔で「ありがとう!」と応えるしかありませんでした。

STEP3

そのとき、カメラのフィルムは何枚か「残っていた」……正確には「残しておいた」のです。コンサート終了後、ロビーの展示品の写真を撮る段取りだったからです。しかし、その友人は、すべてのフィルムを使い果たしてしまったのです。もちろん、そんなこと相手に言えるはずはありませんでしたが、ほんとうにショックでした。

まとめ

人から頼まれた以上のことを自発的にすることは、たしかに親切ですが、例外もありますので十分注意することが大切だと感じたエピソードです。

関連するタグ

必要なもの

勝手な判断をしないことも大切

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ