親切が「おせっかい」に変わるときとは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:315
  • ありがとう数:0

はじめに

相手を喜ばせようとして親切で行ったことが「おせっかい」に変わる? そういうこともあるのです。それどころか、親切で行ったことにより、相手に迷惑を掛けてしまうことすらあります。人間関係は、ほんとうに難しいことです。ここでは、その実例をお話ししたいと思います。

STEP1

婚家にいたときのエピソードです。できれば封印しておきたいことですが、これを読んでいただける方のお役に立てるなら……と思い、あえて紹介させていただきたいと思います。

STEP2

親たちは専業農家でしたので、私の給料は嫁いだ直後から少額のお小遣いを差し引いて所帯に入れるよう命じられました。また、それに従うしかなかった時代です。

STEP3

扶養の関係で、地元にパートの仕事に変わった後、一方的に辞めるよう命じられました。そのとき、お世話になった職場の方々には多大な迷惑をかけたこと、今でも心苦しく思っています。問題は、その次です。

STEP4

後日、その職場から「給料振込みを済ませた」との電話があり、対応したのは姑でした。給料といってもほんの数日分だけです。その後、どんな展開になったかは、ご想像におまかせします。

まとめ

金銭に関する問題は、親子、夫婦とはいえ、まったく別問題です。その家庭の事情にもよりますが、なんらかの連絡をする必要がある場合、慎重に行動することが大切です。

関連するタグ

必要なもの

相手の事情を理解した行動

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ