楽ラク大掃除術(歯ブラシを駆使しよう編)

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:279
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
ホームセンター行くと、実に様々な種類の掃除グッズが売られています。
こんなものが!というようなアイデアグッズもあって、見ているだけで飽きません。
しかし、掃除する場所や用途で買い揃えていたらきりがありません。
身近にあるものを再利用して使うことができたなら、それが一番経済的で、エコです。
中でも、歯ブラシは万能選手です。
使い古しの歯ブラシは捨てることなかれ。

STEP1

最近の歯ブラシは、実に毛が細くて毛足が長いので、細かな部分にも入り込んで汚れを落としてくれます。
毛の拡がって潰れたようなものは掃除には適しませんので、残念ですがゴミ箱へ。

水回り
水道の蛇口やその周囲の入り組んだ部分は、歯ブラシに限ります。
クレンザーや専用洗剤もありますが、歯磨き粉で十分です。歯磨き粉には研磨剤が入っています。歯や葉茎を傷つけないよう極小の粒子ですから、ピカピカになります。


タイル
お風呂場や台所のタイル掃除にももってこいです。少し毛のこしが弱い歯ブラシもありますが、使い勝手は最高です。

障子のさん
ホコリを掃う時に使います。
障子紙を傷つけることなくキレイに掃うことができます。

STEP2加工して使う

サッシや窓のレールを掃除する時は、角に届きにくい時があります。
そんな時は加工して使いましょう。
100円ライター1本で加工できます。
トイレ掃除のブラシを思い浮かべてください。その形にするのです。
歯ブラシの首部分(背側)をライターで熱します。あまり近づけると溶けてしまいますので、20cmくらいは話した方が良いでしょう。
10秒程度熱したら、曲げて見てください。一度に仕上げようとしないで、何回か繰り返して具合の良い角度まで曲げてください。

これで角や隅を隈なく掃除することができますよ。

まとめ

歯ブラシの他にも、着古しのTシャツを拭き取り布にしたり、フリースの洋服をホコリ取りに使ったり、再利用できるものは沢山あります。
買いに走る前に、家の中を見回してみてください。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ