世代を問わず心得ておくべき行動

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:170
  • ありがとう数:0

はじめに

最近、常識という基準が薄れてきていると思います。そこで、最低でも、社会に出るのに必要である心得をご紹介します。

STEP1あいさつ

あいさつは全ての基本です。挨拶ができない人は、何においてもいい加減になってしまいます。挨拶はきちっとやりましょう。

STEP2他人を思いやる最低の常識力

「お客天国」の日本では、よくお金を支払うときに、お金を投げたり、理不尽にクレームをつけ足る人がいますよね。これは、とても低層に見え、人間性を疑われてしまいます。最低限の「マナー」、自分がやられていやなことはしないということは心得ておきましょう。

STEP3責任を持つ

何事も、自分が受け持ったことは責任を持ちましょう。宿題の提出期限、アルバイトのシフト時間など、必ず守るようにしましょう。学生時代は多少は許されますが、社会人になって、仕事中にこれをしてしまうと解雇されるでしょう。責任の重さの自覚を持って行動してください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ